• ホーム
  • > moreメソッド®によるビジネスプランコンテスト受賞成果

スゴイぞ!!moreメソッド®MORE METHOD

ビジネスを成功に導く、超かんたんマーケティング手法「moreメソッド®」
受講者がビジネスプランコンテストで最優秀賞・優秀賞受賞!!

moreメソッド®を実践するにはこの書籍!

第15回東三河ビジネスプランコンテスト 最優秀賞受賞

山口化成工業株式会社 代表取締役 松倉利夫氏

山口化成工業株式会社 代表取締役 松倉利夫氏

東三河ビジネスプランコンテストで最優秀賞を頂いたビジネスプランは、新素材の使い方にポイントがあります。

どの市場にどの商品をいつ投入するかといった綿密な分析に基づくマーケティング戦略が必要でした。 そこで役に立ったのがMORE経営コンサルティング株式会社日野眞明先生が考案したmoreメソッド®でした。

ここ3年間毎夏、サイエンスクリエイトで催される日野先生のmoreメソッド®によるビジネスプラン作成講座を受講し戦略プランを進化させ練り上げた結果が今回の受賞に繋がりました。

製品開発や素材研究のことは十分に理解して実践してきましたが、販路開拓や販売促進、プレゼンテーションに関しては全く経験していませんでした。そこを難しいことを知らなくてもわかりやすく簡単にビジネスプランを立案することができました。

今回の受賞で改めてスタートラインに立ち、これまで関わって頂いた方々との出会いとご支援のおかげと身を引き締め、実りある成果を出せる様さらに進化をしていきます。 もちろんmoreメソッド®と言う私にとっての”経営ドッグ”は今後も健康診断のように毎年受診していこうと思っています。

第15回東三河ビジネスプランコンテスト 特別賞受賞

鈴木芳氏

鈴木芳氏

『moreメソッドってすごい』

何か新しい事を始めてみたいな、というふわっとした感じの時に日野先生に出会いました。 それが2014年の9月あの時はロードバイクが集まるカフェが出来たらいいなくらいの思いで先生の講義を聞いておりました。

その講義の中で体験したのが“moreメソッド”でした。ふせんに何でも良いから書きまくるという作業。感想は頭がパンクして、指が痛くて、終わった後汗だくで、その日は明け方まで眠れませんでした。その時の黄色のふせんの枚数が300を少し超えた位。

次に体験したのが2015年の7月。もちろん頭はパンク、当然朝まで眠れません。黄色324枚。

そして先生に出会って一年後の1016年、3度目の体験で黄色414枚!

この時ハッと気付いた事がありました。今までとても苦労していたビジネスプランが書けるようになっている事です。ふせん414枚という自分の凝縮された思いが目に見える状態で整理される。これは驚きです。

そして出来上がった戦略シートは色んな状況に置かれても使用できます。その流れでその戦略シートを使用し東三河ビジネスプランコンテストで特別賞を受賞。

この“moreメソッド”は、自分の頭の中にあるモヤモヤしたものを具現化する為の凄いツールだと改めて感じました。これにより頭の中が整理でき、自分の思いも熱く語る事ができ、そしてぶれずに行動できるようになる。

そして現在は2017年4月の創業に向けて準備をしている状況になっています。

日野先生と“moreメソッド”に出会わなかったら現在の選択肢はなかったはずです。これからも頭の整理の為“moreメソッド”を行いブレを修正してから行動に移る事を心掛けないといけないですね!

日野先生、これからもよろしくお願い致します。

第12回東三河ビジネスプランコンテスト【マーケット開拓部門】特別賞受賞

豊橋のすこやかサポート誌「すこやか日和」 鈴木ゆき氏

豊橋のすこやかサポート誌「すこやか日和」 鈴木ゆき氏

【きっかけ】
自社のオリジナル商品を作りたいと考えていた時にサイエンスクリエイトで行われる日野先生の5日間の「新規ビジネス講座」を受講。その中でmoreメソッド®を体験し自分のビジネスプランの甘さを痛感。

【再チャレンジ】
また翌年も受講し、moreメソッド®でビジネスプランを磨き上げ、このプランでコンテストに応募しました。そして、特別賞をいただくことができました。2年かけて学んだお陰だと感謝しております。

【moreメソッド®の魅力】
moreメソッド®で「答えが出てくる」のだと期待すると実はそうではなくて、この一見「面倒くさい」作業をすることで頭の中が整理できたり、自分と向き合うことができたりそれによって、自分に必要なことや、足らないことが見えてくるのではないかと思います。 「書いた内容」だけではなく、集中が持続しないとかあきらめが早いとか、人の話しを全然聞いていないとか…そういった自分自身のマイナス面が見えてきます。回を重ねるごとに、枚数が増え、それだけ集中力が増し自分と向き合えるようになっていくのだと思います。そしてそれが、自分のビジネスにもプラスに作用するのだと思います。